<   2008年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧
我が家の花  3/31 #1
プリムラ
c0076218_22910100.jpg

一人静(ひとりしずか)    吉野御前(よしのごぜん)、眉掃草(まゆはきそう)とも・・・。    
c0076218_22155553.jpg
c0076218_221623100.jpg

木瓜(ぼけ)  下のボケは上のボケの2倍ぐらいの大きな花で淡いピンクですが・・・・・。 
c0076218_2234058.jpg

c0076218_2234453.jpg

木五倍子 (きぶし)
c0076218_22354435.jpg

三椏(みつまた)
c0076218_2242834.jpg


[PR]
by nobunobu_ok | 2008-03-31 21:51 | 我が家の花 | Comments(0)
カンボジアの旅  その六   最終回
ちょっとソウルへ! (2008年3月1日と4日)
カンボジアへの往復乗り継ぎ時間を利用してソウルの観光もちょっぴり。

仁川市内 「仁川自由公園」
マッカーサーの像
c0076218_10383875.jpg


マカーサーは韓国の人にとっては英雄なのでしょう。

c0076218_16364658.jpg


新潟ぐらいの緯度になるでしょうか?寒さ対策がしっかりしてあります。

c0076218_1215180.jpg
ほとんどがバラのよう。
c0076218_23514658.jpg

c0076218_16434359.jpg

c0076218_164465.jpg

今日はとても暖かく大勢の人が日向ぼっこ?を
チャイナタウン
c0076218_17132694.jpg

c0076218_17141229.jpg


小さな陶器店が一軒あっただけで寂しい町。

3月4日帰りも韓国経由でソウルに降りました。

c0076218_23191280.jpg

3月4日A.M.6時25分空港の夜明け。

陶磁器と温泉で有名な利川で温泉に入り、利川窯元見学
c0076218_232061.jpg


c0076218_23262438.jpg

c0076218_23271995.jpg

c0076218_23422069.jpg

c0076218_23481091.jpg

寒い一日でとうとう雪になりました。
日本と時差がないのは韓国のみ。
 韓国の通貨=ウオン 1000ウオン≒110円

[PR]
by nobunobu_ok | 2008-03-20 23:04 | | Comments(2)
カンボジアの旅 その五 (2008年3月3日)
バンテアイ・スレイ
中央神殿に彫られたデヴァター像は「東洋のモナリザ」と言われ、数々の美しい彫刻はアンコール遺跡群の中でも特に優美と言われ、緻密な彫刻に心魅かれる。中には損傷が激しく、保存のために見学できないところもある。
c0076218_2283744.jpg

東洋のモナリザ
c0076218_233211.jpg

c0076218_2303570.jpg

c0076218_2334557.jpg

c0076218_2345552.jpg


c0076218_241928.jpg



c0076218_3124100.jpg


c0076218_2594146.jpg

赤色の砂岩で造られた寺院は,夕陽を浴びると炎の色に包まれ、輝くそうです。

●カンボジアの時差 -2時間
 カンボジアの通貨  リエル
   1000リエル≒1/4ドル  ∴1000リエル≒25円
[PR]
by nobunobu_ok | 2008-03-20 01:30 | | Comments(2)
カンボジアの旅 その四  (2008年3月2日)
世界遺産 アンコールワット
天空の楽園と言われるアンコールワットは、周囲の環濠が大洋をあらわし、周囲の回廊は雄大なヒマラヤ連峰、中央の祠堂は須弥山を象徴しているといわれている。
遺跡群のなかで、最大の規模と見事な建築様式を魅せるアンコール・ワット。ヒンドゥー教における宇宙観を地上に再現し,天界との交信をする神聖な場所。壮大な石造伽藍と壁一面あますところない浮き彫りや装飾からも、クメール文化の栄華がうかがえる。
c0076218_15233871.jpg


c0076218_1518566.jpg
c0076218_15245326.jpg
c0076218_15253050.jpg

c0076218_15401624.jpg


c0076218_15263968.jpg

アンコールはサンスクリット語で「町-都城」を、ワットは「寺院」をあらわす。人々はアンコール・ワットを中心に、ここをひとつの宇宙世界と考えていた。
ブノン・バケン

ブノン・バケン山頂に建てられたヒンドゥー教寺院からの夕景鑑賞
c0076218_1547171.jpg

c0076218_15474982.jpg

周りの遺跡を一望できるこの頂上からサンセットを拝みたくて大勢の人が這いながらよじ登っていきます。降りるときは夕闇も迫っていてもっと厳しく、降りられなくてこまっている人もありました。周りの人に助けられてやっと降りたようで、一同ホットしました。
c0076218_16405924.jpg

私は途中でギブアップしたのでこんな写真しか撮れませんでした。
宮廷舞踏アプサラダンス・ショー
c0076218_1621349.jpg

夕食をしながらの鑑賞でした。
[PR]
by nobunobu_ok | 2008-03-19 00:42 | | Comments(2)
カンボジアの旅 その三  (2008年3月2日)
タ・プロム遺跡
12世紀(1186年)建造のジャヤパルマン7世の母を祭った霊ちょう。
木々が遺跡に絡みつき溶樹の根が建物を覆いつくそうとしている姿は
時の流れを感じさせられその景観は圧巻。
c0076218_234411.jpg
c0076218_235681.jpg

c0076218_23214468.jpg

c0076218_2358587.jpg

黒檀のように黒く石のように見えるのは遺跡に覆いかぶさっている樹(ガジュマル)の根。
c0076218_063858.jpg


石にあけられた穴は運ぶときに棒を差し込んだ後。
c0076218_23273853.jpg


[PR]
by nobunobu_ok | 2008-03-17 22:42 | | Comments(2)
我が家の花  3/15 #2
プリムラ
c0076218_337852.jpg

柊南天
c0076218_334754.jpg

大山伽羅木(ダイセンキャラボク)
c0076218_345572.jpg


緋ボケ
c0076218_353725.jpg

オキザリス
c0076218_4214352.jpg
貝母
c0076218_3151099.jpg

            2008年3月15日 写す
[PR]
by nobunobu_ok | 2008-03-17 03:16 | 我が家の花 | Comments(2)
我家の花   3/15  #1
草丈10cmほどの黄ラッパ水仙 恥ずかしそうにみんな下を向いています。
c0076218_1972849.jpg


c0076218_1914137.jpg
 
  

ヒアシンス
c0076218_16592841.jpg

ラッパ水仙(白)
c0076218_17104495.jpg
匂い?菫
c0076218_1704013.jpg

オキザリス
c0076218_1715044.jpg





クリスマスローズ                 c0076218_18262224.jpgクロッカスc0076218_18204682.jpg

太郎冠者                 c0076218_183842100.jpg  白寿c0076218_18393468.jpg



サザンカ                  花芯のない椿  c0076218_18411639.jpgc0076218_18425726.jpg
沈丁花 c0076218_18524018.jpgc0076218_1853104.jpg

ノースポール                花韮c0076218_1858438.jpgc0076218_1912868.jpg


               2008-3-15写す
[PR]
by nobunobu_ok | 2008-03-15 17:02 | 我が家の花 | Comments(0)
カンボジアの旅 その二 (花あれこれ)
年中ほとんど30度を越す暑さの中で珍しい花が沢山咲いていました。
このたびはたった二日しか滞在しなかったので写すこができなかったり、
折角写しても名前のわからないままのものもあります。
チョンペイ
c0076218_1054588.jpg

c0076218_1142823.jpg

ブーゲンビレア 赤・白・ピンクの三色が一本の樹に咲き分けています。中には一枝に一緒に咲いているものや一輪の花が二色になっているものもあります。見上げるほどの大木です。
c0076218_11104867.jpg



c0076218_11125283.jpg

ここからの花はほとんどがホテルの庭にあったものばかりです。あまり珍しいものはありませんが車の中からは珍しいものが沢山見えました。写せなくて残念です。c0076218_153428100.jpgc0076218_15351245.jpg
c0076218_15404889.jpgc0076218_15421033.jpg

c0076218_15424847.jpgc0076218_15432465.jpg

c0076218_14591997.jpgc0076218_14595818.jpg


c0076218_1515869.jpgc0076218_1572866.jpg


c0076218_1533678.jpgc0076218_154423.jpg


c0076218_1585385.jpg

c0076218_1592312.jpg
ココナツ 熟すとジュースは美味しいそうです。
c0076218_10523171.jpg

ジャックフルーツ   オレンジ色の果肉に熟して美味しいそうです。
c0076218_1183112.jpg


c0076218_11164762.jpg


[PR]
by nobunobu_ok | 2008-03-13 10:14 | Comments(0)
カンボジアの旅 その一  (2008 年3 月2日)
今から約130年前まで、その存在さえ知られることなく、
深遠の森に眠り続けていた驚異的な遺跡の数々。
東洋の奇跡と呼ばれ、天空の楽園と喩えられるアンコール遺跡。
アンコールトム
12~13世紀アンコール王朝が最も栄えた頃創建された大都城。
一辺3kmの正方形のまわりを幅30mの外濠に囲まれた大都市には5つの巨大な城門があった。(南大門・西太門・北太門・勝利の門・死者の門)アンコール王朝最後の栄華を誇った場所。
アンコールトム南大門の外と内
c0076218_1455692.jpg
c0076218_1464055.jpg
南大門のすぐそばの大きな樹に猿。c0076218_343132.jpgc0076218_11353666.jpg


遺跡の首が盗られたり傷つけられたのが目立ちます。盗った首はとても高価に売れたそうです。
c0076218_374551.jpg

c0076218_382320.jpg


大都城の中央に位置するバイヨン寺院と壁画
c0076218_2232428.jpg
c0076218_21515398.jpg

c0076218_21531951.jpg
c0076218_21523986.jpg

象のテラス
c0076218_22204044.jpg

c0076218_2251045.jpg


[PR]
by nobunobu_ok | 2008-03-06 01:07 | | Comments(0)