<   2006年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧
~夏の思い出~ 芙蓉六種 (その三)
高砂芙蓉
c0076218_10465382.jpg


[PR]
by nobunobu_ok | 2006-11-29 14:29 | 我が家の花
~夏の思い出~ 芙蓉六種 (その二)
酔芙蓉 (一重と八重)
朝           夕方         翌朝
c0076218_23215653.jpgc0076218_23222815.jpgc0076218_23225220.jpg

c0076218_23452719.jpgc0076218_23334966.jpgc0076218_2346315.jpg

普通の芙蓉c0076218_014848.jpgc0076218_022569.jpgc0076218_03674.jpg

[PR]
by nobunobu_ok | 2006-11-27 13:32 | 我が家の花 | Comments(4)
~夏の思い出~ 芙蓉六種 (その一)
姫芙蓉            草芙蓉(ピンクと白)
c0076218_0503273.jpgc0076218_0512464.jpg

の大きさは姫芙蓉は1センチ少々、草芙蓉は2センチぐらいで、どちらも初夏から今もまだ咲き続けています。姫芙蓉はになり冬は落葉してもまた来年も咲きます。草芙蓉は一年草です。
この二種は種も苗も売っているのを見た事がありませんし、どの資料にも見当たりません。草芙蓉の名前では別の花があるようです。また、草芙蓉だけが一年草と言うのもおかしいし???とおもいます。この二種の芙蓉について何か御存知の方は教えてください。

[PR]
by nobunobu_ok | 2006-11-27 11:50 | 我が家の花 | Comments(2)
錦秋の湖東三山と永源寺
~湖  東  三  山~
 龍應山   西  明  寺   
本 堂 ( 国 宝 )
c0076218_1425166.jpg

三 重 塔 ( 国 宝 )
c0076218_1513282.jpg

天然記念物不断桜  樹齢約250年(春・秋・冬開花)
c0076218_1492671.jpg
この他にも平安・鎌倉・室町時代のものが重要文化財などとして沢山残されています

c0076218_1545584.jpg
c0076218_1552930.jpg


  松峰山  金  剛  輪  寺  天台宗の巨刹
 本 堂 ( 国 宝 )
c0076218_2174870.jpg

三 重 塔 ( 待 龍 塔 )
c0076218_2261236.jpg
 千体地蔵 
普段は風車を、八月九日には明かりが入ります。|
c0076218_2284163.jpg

c0076218_2293326.jpg

c0076218_2341140.jpg

c0076218_2372856.jpg
重要文化財の二天門(大きなわらじ)・名勝庭園血染めの紅葉・などなどすばらしい見所のあるお寺です。

  釈迦山  百 済 寺   近江最古刹
c0076218_2532368.jpg


c0076218_2514931.jpg
c0076218_2491815.jpg

善見院の庭園]・別称[天下遠望の名園」とも言われる庭園からは湖東平野・琵琶湖・比叡比良が一望できるといわれるが、あいにく曇っていて何も観えなかった。

 瑞 石 山  ~ 永  源  寺 ~    臨済宗大本山
c0076218_064525.jpg



c0076218_0121868.jpg
総 門
c0076218_0104818.jpg


c0076218_016381.jpg
山  門  ( 県 指定文化財 )楼上には釈迦・文殊・普賢の山尊像と十六羅漢像を安置している
c0076218_0472071.jpg

茶 筌 塚
c0076218_0172471.jpg

c0076218_0265862.jpg

c0076218_0294735.jpg

c0076218_0303957.jpg
c0076218_034974.jpg

この他にも、国内屈指の葭(よし)葦大屋根の方丈(本堂)・後水尾天皇御寄進の釈迦 迦葉・阿難の三尊を安置した法堂・参道120段の石段(羅漢坂)を登りつめた山際に安置された十六羅漢・昭和25年に再鋳された梵鐘の鐘楼などなどが紅葉した3,000本のもみじに映えた景色は実に圧巻です・
          2006年11月14日(火) 撮影
[PR]
by nobunobu_ok | 2006-11-19 10:36 | | Comments(4)
三段峡
c0076218_21394241.jpg

三段峡に行く前に三次ワイナリーで昼食。何十 年ぶりかに「ジンギスカン」を食べました。予想外に美味しかったのには驚き!

c0076218_2282155.jpg

三段峡正面口から黒渕まで

入り口付近
c0076218_22324094.jpg

姉妹瀧

c0076218_2237347.jpg

龍ノ口
c0076218_2259429.jpg


赤瀧
c0076218_23245019.jpg
c0076218_23224363.jpg
女夫淵
c0076218_23201171.jpg

石樋
c0076218_02399.jpg
c0076218_08445.jpg

其の他
c0076218_0134269.jpg

c0076218_015786.jpg
c0076218_1335515.jpg

c0076218_14285344.jpg

c0076218_1351310.jpg
c0076218_054113.jpg

c0076218_024143.jpg
c0076218_0334663.jpg

c0076218_0351863.jpg
紺碧の水に落ち葉が漂い吸い込まれるような美しさ!
c0076218_0405657.jpg

c0076218_0431577.jpg

c0076218_145917.jpg
このあたりから道がだんだん険しくなり、時間も少なくなったので、引き返すことにしました。黒渕まであと800Mぐらい。残念!                                             
黒渕
c0076218_2162843.jpg
(三段峡入口に立っている看板を写す)

この前来た時は、「出会橋」から「二段瀧」「猿飛」[三段瀧」のあたりをゆっくり一日掛けて歩きました。
 その時は、入り口付近の土産物屋の手前に、可部駅から三段峡駅までの路線が廃線になったままで線路も駅も残っていましたが、駅名の入った立て札と線路の一部が残され、枕木は上手く利用されていました。駅のあとにも公共の建物が建っていました。
c0076218_1563144.jpg

c0076218_1581810.jpg
c0076218_1594043.jpg
c0076218_1585388.jpg

       
      2006年11月6日午後 (曇り) 撮影
[PR]
by nobunobu_ok | 2006-11-10 21:39 | | Comments(4)
帝釈峡

 紅葉は見ごろ、連休明けで人も、車も少なくて助かりましたが、お天気がはっきりせず、景色がかすんでいます。
c0076218_0243516.jpg
c0076218_028686.jpg

c0076218_0301146.jpg

c0076218_0411693.jpg
c0076218_0363121.jpg
c0076218_0441292.jpg

c0076218_0484119.jpg

c0076218_0543425.jpg

c0076218_3242269.jpg
c0076218_0512390.jpg
 
一時間あまりしか時間がなく、バスの駐車場から神龍橋を渡り、矢不立城址公園に登っただけで、紅葉橋付近をうろうろして帰りました。あまりにもよく知られている所ですが、何回行っても好い所ですね。
    
         2006年11月6日 (曇り) 午前中に撮影




 

     
[PR]
by nobunobu_ok | 2006-11-09 21:09 | | Comments(3)
コスモスパーク北房とその付近
コスモスパーク北房
c0076218_1594652.jpg

チョコレートコスモス
c0076218_221589.jpg

食べたいほど好い香りでした。

ムーンライト
c0076218_281191.jpg


琴姫
c0076218_2121993.jpg

黄花コスモス
c0076218_2201436.jpg

c0076218_2212884.jpg

シーシェル
c0076218_2252581.jpg

この他にも中国産のものや色々の種類のものが沢山ありました。

道路べりの「道の駅」周辺にも、美しさも、量も、パークに負けないほどのコスモス畑がありました。花畑の中にもチョットしたお店もあり、「焼き鯖寿司」を買って、コスモス畑を一望にして見渡せろベンチに腰を下ろしていただきました。
c0076218_2542266.jpg


                 2006年10月24日撮影
[PR]
by nobunobu_ok | 2006-11-03 02:26 | 気ままな出歩き | Comments(4)