カテゴリ:旅( 71 )
とっとり花回廊 ほか
                              2016年5がt29日(日) 雨時々曇り

とっとり花回廊

c0076218_1441287.jpg

花電車で園内を一周しました。
c0076218_17282464.jpg

c0076218_17295727.jpg

c0076218_17302152.jpg

c0076218_1735255.jpg

広場には名前の解らない花もたくさん咲いていました。名前を書いていない花の名前を教えてください
c0076218_17544060.jpg

c0076218_18273212.jpg
c0076218_18275563.jpg

お菓子の壽城で名物のとち餅を買って帰りました。
c0076218_18284720.jpg

c0076218_18324444.jpg


c0076218_18341493.jpg

[PR]
by nobunobu_ok | 2016-06-09 14:41 |
雪を求めての旅 その一
       2015年1月18日(日)

二十数年続けている「遊び仲間三人組」の「雪を求めて」の旅です。
と言っても最近は寄る年波であまり高い山には登れなくなり近くの温泉のあるところへやっと一泊旅行をする程度になってしまいました。

       金 沢
金沢の三寺院群のなかの「小立野寺院群・いし曳の道」の周辺は緩やかな坂道や急な階段状の抜け道など、そこで暮らす人々の生活の知恵や匂いが漂っています。
私たちの足では沢山回れないので40近くある寺院群の中の一つ「寶圓寺」にお参りすることにしました。
バスから降りての道も何度も聞きながら行ったのですが解りにくく、たまたま通りかかった学生さんに尋ねたらご自分が行っていた反対方向なのに親切に寺の前まで案内してくれました。「金沢美術工芸大学」の学生さんでした。ありがとうございました。
c0076218_095131.jpg

護國山 寶 圓 寺
1583年に前田利家が建立した寺で藩主一族の位牌が安置された前田家の菩提寺。
c0076218_1834486.jpg

                本堂
c0076218_18424084.jpg

c0076218_23292281.jpg

c0076218_2330012.jpg


 
[PR]
by nobunobu_ok | 2015-01-21 03:37 |
山中温泉
遊び仲間三人組の何十年も続いている「雪を求めての旅」です。
私たちの住んでいる倉敷ではほとんど雪は降らないので毎年、北は北海道から南は九州まで3~4泊の旅で雪を見てきました。でも、だんだん足腰も弱って危ないからもうやめようと思っていましたが駅までお迎えのある宿を探して一泊の旅に出かけました。
しかし、皮肉なことに出かける数日前と、帰った日の夜から倉敷もこの地方としては珍しく20年ぶりの大雪でした。 そしてわざわざ見に行った山中温泉にはあまり雪はなく根雪が残っている程度でした。
でも、雪が少ないので散策もでき、よくしゃべり、美味しい物を食べての楽しい旅でした。

こおろぎ橋 

元禄時代以前からかかっており、松尾芭蕉も訪れたといわれる総檜作りの橋
c0076218_16171679.jpg

c0076218_16341072.jpg

c0076218_16174065.jpg

静かな夕暮の渓谷は心の洗われる思いでした。
c0076218_16314623.jpg

c0076218_1624221.jpg

c0076218_16264098.jpg
c0076218_16265951.jpg


あやとり橋 
草月流家元・勅使河原宏氏が「鶴仙渓を活ける」というコンセプトのもとデザインされたS字型の橋。
美しい紅紫色のモダンさが景勝地・鶴仙渓に活けられたように映えています。
c0076218_21493993.jpg

c0076218_22283667.jpg

c0076218_22214463.jpg

c0076218_2229296.jpg

c0076218_22102822.jpg
c0076218_22104698.jpg


c0076218_2231151.jpg

[PR]
by nobunobu_ok | 2014-02-14 17:23 |
ハワイ諸島マウイ島の旅  その二
16日(木) 
マアラエル港を6時半に出航するクジラ観光船に乗るためタクシーで5時50分にホテルを出ましたが残念なことに風が強くて欠航になり8時の出航になりました。
でもおかげで暫くショッピングをしながら周りの静かな美しい港街を散策して楽しい時間が持ててよかったです。

c0076218_17553240.jpg

c0076218_1882085.jpg

c0076218_18112436.jpg


案内の写真にはクジラが手に取るように近くで大きな口を開けていましたが実際には2時間もかけてクジラを追ったのにはるか向こうに潮を吹いたり、ジャンプしたり群れになって現れたりが見えたりで結局最後まで近くには見えませんでした。
c0076218_18233967.jpg

c0076218_18365756.jpg

c0076218_1839658.jpg


水族館
MAUI OCEAN CENTERに展示されていろ生き物はハワイ州土地自然局,海洋資源課の特別な許可を得て捕獲されたもので、すべてハワイの海洋生物です。
c0076218_18432090.jpg

c0076218_1844786.jpg
c0076218_18443450.jpg

c0076218_1845752.jpg

c0076218_18550100.jpg

[PR]
by nobunobu_ok | 2014-01-21 17:18 |
熊本 その三
水前寺成趣園(すいぜんじじょうじゅえん)

桃山様式を代表する優美な回遊式庭園         画像はクリックすると大きくなります
c0076218_23422349.jpg

c0076218_23563895.jpg
c0076218_23574036.jpg

c0076218_0594989.jpg

水と緑と桜などの中に撮りきれないほどの鳥たち
c0076218_181769.jpg
c0076218_182992.jpg

稲荷大明神
c0076218_0352345.jpg

出水神社
c0076218_2349081.jpg

能楽殿 西日本随一の能舞台
c0076218_2359452.jpg
c0076218_23592538.jpg

肥後細川家初代 細川藤孝公銅像
c0076218_135664.jpg


小雨の降ったりやんだりの中をそぞろ歩くのもいいものですね。
まだまだ見どころはたくさんあるのですが下手な写真はこのへんで閉じます。
お座敷で美味しい懐石料理を頂きながらもう少しこの美しい自然にしたっていたかったのですが
予約者のみと断られました。     残念!

UPするのを忘れていました。
c0076218_113585.gif

[PR]
by nobunobu_ok | 2013-04-08 01:51 |
熊本 その二
熊本城 入場料・500円
本丸御殿昭君之間
   加藤清正公が豊臣秀頼公を招くために造った御殿と言われています。
  3~40年前には何回もこのお城には来たのですがこの部屋が新しくなっては初めてです。
                                     画像はクリックすると大きくなります。
 
c0076218_23565078.jpg

c0076218_23583427.jpg
c0076218_23595554.jpg

天井絵の一部ですがこれも素晴らしいです。
c0076218_005447.jpg

天守閣から見る白黒のコントラストのうつくしい城壁「長塀」は現存する城郭の中では最長の242mもあるそうです。
c0076218_047597.jpg

反り返った石垣
c0076218_123523.jpg

大小天守閣
c0076218_1455583.jpg


c0076218_1355459.gif

[PR]
by nobunobu_ok | 2013-04-06 15:51 |
熊本を訪ねて! その一
                                          2013年4月2日(火)
24年間続いた「遊び仲間三人組」の「雪を求めての旅」に終止符を打ちました。
一人の人が杖を突いて歩くようになってしまったのです。
今年は「改築された熊本城」の桜が風に吹かれてハラハラと散る頃に熊本に行くことにしました。
現地に電話したりテレビやインターネットで情報をキャッチしながら3月26日に出発しました。
希望どうりに熊本城をバックに満開に咲いた桜が風に舞っていました。
c0076218_13321582.jpg
c0076218_13331024.jpg
c0076218_13333330.jpg
c0076218_13341936.jpg

                          2013年3月26日撮影 ・ 画像はクリックすると少し大きくなります

c0076218_13534363.gif

[PR]
by nobunobu_ok | 2013-04-02 12:26 |
高野山
                                      2012年12月01日(土)
「四国八十八ヶ寺霊場めぐり」のお礼参りです。
朝6時出発で5時間半かかり大門の前を通ったのが11時半でした。よい天気と喜んでいましたが高野の山を途中まで登った頃から雪・霙・雨と天気が悪くなり大変な一日でした。写真を撮る余裕も無くただただ一生懸命歩きました。でも仏の道はありがたいことで大して疲れもしないで予定より2時間近くも早く20時頃には帰れました。
 大門
c0076218_1171290.jpg
           
                                 ↑ A.M.11時30分 車窓より

水向地蔵など
c0076218_120407.jpg

ここより奥の院へ
c0076218_1211351.jpg
 
帰り道に
c0076218_1233868.jpg
c0076218_1243690.jpg
 
金剛峯寺・・・高野山真言宗の総本山
             臣秀吉公が亡き母堂の菩提を弔うため、木食応其上人(もくじきおうごしょうにん)に命じて建立。
c0076218_1331943.jpg
c0076218_134770.jpg
c0076218_1342565.jpg
c0076218_1344434.jpg
 
c0076218_215687.jpg



c0076218_1592535.gif
     
[PR]
by nobunobu_ok | 2012-12-02 15:43 |
耶馬溪 その二
                                       2012年11月15日(木)    

今日は何とかよい天気になり、 午前中はタクシーで観光。
 
羅漢寺
大化元年(654年)にインドの僧・法道仙人が修行したのが始まりと言われる「羅漢寺」は険しい岩肌に荘厳なたたずまいを見せています。五百羅漢をはじめ、3千数百体のさまざまな表情をした石仏が迎えてくれます。
                                 山門
c0076218_11373260.jpg

                                 本殿
c0076218_1124452.jpg

                                五百羅漢
c0076218_11334264.jpg

c0076218_1139296.jpgc0076218_1757966.jpg


c0076218_2155487.jpg

c0076218_21551961.jpg

耶馬溪ダムc0076218_128139.jpg



ダムの前の噴水は色々な形態に変化しながら
ダムの水を浄化しています。



c0076218_12103714.jpg
                       




                                 


     
              


 ↑ ここまでの画像はクリックすると拡大されるものがあります。




渓石園  渓石園は耶馬溪ダムの記念公園です。

c0076218_20522718.jpg
c0076218_211220.jpg














c0076218_2131282.jpg



c0076218_21141324.jpg

c0076218_21572351.jpg

耶馬渓橋(オランダ橋)  わが国唯一の8連アーチの石橋 
c0076218_2251896.jpg

青の洞門
c0076218_22262766.jpg

                   ↑ この文はクリックすると大きくなります。
c0076218_22212689.jpg
c0076218_22215620.jpg

              ↑ この中を342mにもおよぶ隧道が通っています。
c0076218_22222788.jpg

c0076218_2354560.jpg


耶馬溪の美しい紅葉に酔いしれた「遊び仲間三人組の旅」は、中津駅のすぐ前の小料理屋で
美味しい懐石料理をいただき帰路につきました。
c0076218_23253991.jpg

[PR]
by nobunobu_ok | 2012-12-02 10:35 |
耶馬溪 その一
                               2012年11月14日(水)
遊び仲間三人組みの旅です。
岡山8時57分発の新幹線「さくら」で小倉まで行き、小倉から特急ソニックで中津まで行きました。
そこから 深耶馬溪の一目百景の展望台の下までバスで約一時間(1,250円)。
紅葉も見ごろで大勢の人でした。
お昼をまわっていたので先ず腹ごしらえ・「山菜ソバ」と名物の「つぶあん入りそばまんじゅう」
展望台から                       どの画像もクリックすると大きくなります。  
c0076218_2016156.jpg

c0076218_20204590.jpg

c0076218_20223647.jpg

c0076218_20241646.jpg

朝からの雨が傘のいらないほどの小雨になり雨に洗れた紅葉が目にしみるほど綺麗でした。
c0076218_20255540.jpg

c0076218_2123323.jpg

甘夏より大きい巨大なユズです。男性の方が欲しがっていましたが非売品と言って売ってくれませんでした。
c0076218_2195112.jpg

ホテルの車で深耶馬溪の奥深くと裏耶馬渓・奥耶馬渓へと入ってみました。
c0076218_21234242.jpg

c0076218_21281940.jpg

c0076218_21303455.jpg

c0076218_21355240.jpg

どこまでも岩と紅葉の美しい渓谷が続きます。青空が見えないのが残念でした。

c0076218_21561720.gif

[PR]
by nobunobu_ok | 2012-11-16 23:20 |